マレーシアの医療レベルはひどい?移住・ロングステイするなら知っておくべき病院の医療費や制度について

「マレーシアで生活したいけど、医療レベルが気になる」

「マレーシアの医療状況が知りたい」

東南アジアに位置するマレーシアは、日本人に人気の移住国ですが、医療レベルとなると少し不安になりますよね。

実は、マレーシアの医療レベルは世界的にも高水準で、多くの人々が医療を求めてマレーシアにやってきているのです。

主に国公立病院と私立病院の2種類があり、多くの日本人は私立病院を選んでいます。

その理由は、私立病院には日本語対応スタッフがいるから。

記事では、マレーシアの医療レベル、国公立病院と私立病院の違い、気になる医療費、知っておくべき5つのポイントなどを解説します。

ぜひ記事を参考にして、医療面で安心してマレーシアライフを送ってください。

それではさっそく見ていきましょう!

マレーシアの医療レベルは高い!高度な治療もばっちり対応

東南アジアに位置するマレーシアは、2020年に先進国入りを目指しているだけあり、十分な発展を遂げています。

でも、医療レベルとなると「少しばかり水準が下がってしまうのでは」と不安になりますよね。

実は、マレーシアの医療レベルは十分に高く、手頃な価格で高度な治療を受けられることで世界的に有名。

インドネシアや香港、シンガポールなどからは毎年多くの人が、マレーシアで医療を受けるためにやってきています。

マレーシアの医師の多くは、アメリカもしくはオーストラリアで訓練を積んだので、世界基準の医療レベルであれば、英語も上手に話せるのです。

特に、首都のクアラルンプールやペナンにある多くの病院は、世界的に高水準の医療レベルだと認定を受けています。

International Livingによると、毎年80万名の外国人が医療を受けるために、クアラルンプールやペナンにやってきているそうです。

日本人駐在員や滞在者が多いこともあり、クアラルンプール市内には日本語対応可能スタッフがいる病院もいくつかあります。

マレーシアの医療レベルは世界最高レベルと言っても過言ではなく、その医療を手ごろな価格で受けられるのは大きな魅力。

安心してマレーシアでの長期滞在を楽しんでください。

マレーシアの国公立病院と私立病院の違い

マレーシアにもまた、国公立病院と私立病院の2種類があります。

日本と同様に、国公立病院の方が価格は安く、私立病院の方が医療費が高くなる傾向にあるのです。

外国人でも国公立病院は使用できますが、多くの方は私立病院を選んでいます。

国公立病院と私立病院にいる医療スタッフのレベルは大差ありません。

近年、増加する人口と移民者を考慮して、政府は国公立病院の医療水準を上げることに力を注いでいるのです。

では、なぜ多くの人が私立病院を選ぶのでしょうか?

その理由は数多くありますが、やはり私立病院には日本語対応スタッフがいることが挙げられます。

また、私立病院は値段が少し高いものの、待ち時間が短いというメリットもあるのです。

国公立病院は多くの地元の人々が利用し、いつも混んでいる状態。

病院に行き受付をして、順番の書かれたチケットが渡されたあと、1~2時間待つことは普通にあります。

地元の人々が優先されるケースは多々あるため、外国人は長い時間待たされることになるでしょう。

また、政府はマレーシア人のために治療費の補助をしており、外国人の場合は国公立病院でも少し高めに請求されるかもしれません。

対して、私立病院の利用者は少なく、医師の数は多いので、すぐに治療の順番がやってきます。

以前は私立病院の数は少なかったですが、現在は政府が力を入れていることもあり、私立病院の数は増加しています。

なんと2016年には、観光客が支払った医療費だけで、RM10億以上の売り上げがあったのです。

それだけではなく、観光客が増えるだけでレストランやホテルの売り上げも増加し、経済の活性化につながります。

そのため、マレーシア政府は医療を一種の観光業として大きな力を入れているのです。

これからも私立病院の数は増加する傾向なので、受け皿不足によるたらい回しの心配もないでしょう。

気になる医療スタッフの腕と機材レベルは?

マレーシアの医療スタッフのレベルは、私立病院と公立病院で差はありません。

低コストの公立病院でも、高水準の医療を受けられるので安心してください。

マレーシアの医師の多くは、外国の大学で教育・訓練を受けており、世界的に見ても高いレベルの腕を持っています。

医療施設認定合同機構というアメリカの医療施設の認定を行っている組織があります。

なんとクアラルンプール市内にある約11の病院は、医療施設認定合同機構からゴールドスタンダートという最高評価を得ているのです。

医師のレベルと同様に、医療設備の水準も非常に高いです。

マレーシアの医療機器は、外国政府の厳しい基準を通過したものだけ使用されています。

毎年数多くの外国人がやってくる理由の1つに、マレーシアでは安全で高い医療環境が整っていることが挙げられるのです。

国立病院に優先して最新の医療機器などが提供されるので、場合によっては国立病院に送られることもあります。

マレーシアで治療を受けた際の価格

マレーシアの国公立病院では、政府が医療費を全額負担してくれるため、ほぼ無料です。

ただし、外国人が救急車を使用した場合は、最後に費用請求がされます。

対して、私立病院では治療費は全額自己負担となるのです。

治療費は病気の種類や私立病院によって異なりますが、日本と同額もしくは少し安くで収まる場合がほとんど。

マレーシアの医療に対する需要が高まっているため、医療費は値上がり傾向にあります。

深刻な病気になったことを考えると、現金で400万円ほどの蓄えは持っておきたいところ。

ただし、マレーシアに長期滞在する方は保険に加入することになるので、医療費に対する大きな心配はありません。

もし医療費を抑えたい場合は、個人クリニックに通うのもいいでしょう。

個人クリニックは私立病院よりも料金は安いです。

マレーシアの医師の多くは、クリニックを開業しながら国立病院でも勤務する掛け持ちをしているので、国立病院で良い医師に出会えば、クリニックの場所を聞くと良いでしょう。

そして、その医師のクリニックに通えば、医療費を抑えながら質の高い治療を受けられます。

医療保険は絶対に加入しよう!

マレーシアに長期滞在をするのなら、医療保険の加入は絶対に必要です。

前述の通り、マレーシアの私立病院の医療費は値上がりを続けています。

普通の風邪などは問題ありませんが、手術や入院をした場合は、莫大な費用の請求がされるでしょう。

万が一に備えるという意味でも、医療保険の加入は徹底してください。

現地の企業で働く方は、会社が加入した保険を使用できる場合がほとんどですが、もしかすると十分な保障がされていないかもしれません。

そのため、保障内容を確認して、必要であれば個人でも格安保険に加入した方がいいでしょう。

MM2Hを取得する方は、医療保険の加入が条件となります。

海外対応の日本の保険でもいいですが、マレーシア国内にも保険会社はいくつかあります。

必要な保険をしっかりと見極めて、加入するようにしましょう。

注意点としては、保険に加入していても、その保険会社と提携を結んでいない病院では使用できないということ。

事前確認が重要となれば、すでにマレーシアへ滞在している方に、おすすめの医療保険を聞くのもいい手です。

また、私立病院では支払いが先に行われるので、すぐに保険金額が下りるものを選ぶのがポイント。

マレーシアの歯医者は高い?

海外の歯医者は数十万円から100万円近くかかると言われます。

そのため、海外移住や留学前には、日本で歯の治療を終えておくのが当然。

気になるマレーシアの歯医者事情ですが、それほど高くはありません。

むしろ、日本の歯医者での料金と比べて安いくらいです。

銀歯を詰めるとRM500、セラミッククラウンだとRM1,100~1,500ほど。

歯の治療は保険が適用されないことが多いですが、この程度の値段だと安心ですよね。

また、クアラルンプール周辺には日本語を話す歯科医が数多くいます。

英語で日常会話は困らなくとも、歯に関する専門用語は分からないという方は、日本語対応の歯科医に通うのをおすすめします。

マレーシアに行く前に知っておくべき5つのこと

マレーシアにロングステイする前に、いくつか知っておくべきことがあります。

事前準備をしておけば、万が一の時も冷静に対応でき、病気の予防さえ行えるのです。

そこでここからは、マレーシアに行く前に知っておくべき5つのことを紹介します。

ぜひ参考にして、現地の病院と上手に付き合ってください。

1.マレーシア病院を使用するときの基本情報

初めて海外で病院を使用するとなると緊張してしまいます。

マレーシアは日本の病院とは異なるので、事前に使い方を知っておくことで、落ち着いて対応できるようになります。

国公立病院でも私立病院でも、まずは受付で病気について伝える必要があります。

私立病院の場合は、その後に支払いがあり、国公立病院では数字が書かれたチケットが渡されるのです。

チケットに書かれた数字が読み上げられたら、あなたの順番が来たということ。

医師の診察が終わると、薬の処方箋が渡されます。

その処方箋を薬局で渡し、薬代を支払えば一連の流れは終了です。

日本で飲んでいたものと同じ薬をもらいたい場合は、医師にその薬を見せましょう。

現物を見せても良いですし、スマホの写真に撮っておくのもおすすめ。

その薬の英語名を調べておけば、スムーズに同じものを処方してもらえますよ。

本格的な薬は医師の処方箋が必須ですが、頭痛止めや熱止めなどの薬は薬局で処方箋なしで購入できます。

もしかすると救急車を呼ぶことになるかもしれません。

マレーシアでは「999」にかけると、救急車の要請を行えます。

しかし、「999」の救急車は国公立病院専属なので、国公立病院に運ばれることになるのです。

私立病院へ行きたい方は、私立病院に連絡する必要がありますが、救急車を用意していない場合もあります。

2.日本から薬を持参する

長い間、マレーシアに住んでいると病院選びにも悩みませんが、最初は何もかも初めての経験で戸惑うでしょう。

そのため、日本からよく使う薬を持っておいた方がいいです。

特に、英語力に自信のない方は、薬局で簡単な風邪薬を購入するのも苦労するでしょう。

風邪薬や熱止めはまとめて持参して、簡単な病気は自分で対処できるようにしておいた方が安心です。

3.危険地帯には近づかない

マレーシアは安全性の高い国ですが、訪れるべきではない地域もあります。

特に、最近は狂犬病による死亡者が発生しているのです。

2017年7月以降、サラワク州スリアンとペラ州タイピンで狂犬病の確認がされ、これまでに5人死亡しています。

狂犬病は発症すると、ほぼ100%死亡する危険な病気です。

確認地域に近づかないのはもちろんですが、犬を始めとする様子のおかしそうな動物には触れないように徹底してください。

もし狂犬病の恐れがある動物に噛まれたら、速やかに石鹸を使って十分に水洗いをして、病院へ向かいましょう。

発症前なら、ワクチン接種が大きな効果があると考えられています。

マレーシアではたびたび狂犬病が確認されているので、むやみに動物に触れてはいけません。

4.マレーシアで多い病気に気をつける

マレーシアは熱帯地域に属しており、1年間20~30度の気温で湿度も高いです。

そんなマレーシアではデング熱が流行します。

デング熱とは、デングウイルスを持つ蚊に感染することで発症する病気で、急激な発熱や頭痛などが症状として現れます。

死亡率こそ1%未満と低いですが、予防接種や予防薬はなく、蚊に刺されないようにするのが唯一の予防法です。

近年、マレーシアではデング熱のケースが年々増加し、2017年1月には法人の死亡が確認されています。

日本にいる時よりもずっと感染確率が高いため、蚊の対策は徹底的に行いましょう。

特に、乳幼児がいる方は注意してください。

また、サルモネラ菌も多く発生しています。

サルモネラ菌は卵の白身に存在しているので、可能な限り半熟卵を避け、加熱調理を心がけてください。

卵かけごはんなど生卵を食べたいという方は、サルモネラ菌対策をしている卵を使用しているようにしましょう。

日本の卵はサルモネラ菌対策が行われていて、海外のはされていない可能性が高くあります。

そのため、日系スーパーなどで生卵として食べられるのかどうか聞くと良いですね。

卵だけではなく、肉や魚介類も加熱調理が基本です。

もし生肉などが恋しくなれば、市内にある日本レストランに行くのがおすすめ。

5.大使館の情報をチェック

ロングステイする方も、短期旅行の方も、まずは在マレーシア日本大使館の情報をチェックしましょう。

在マレーシア日本大使館の公式ホームページには、クアラルンプールを中心に日本語対応可能の病院や歯医者がリストアップされています。

病院選びに迷ったときは、大使館の公式ホームページにリストアップされた病院を選ぶといいでしょう。

まとめ

マレーシアの医療水準は非常に高く、高度な治療も受けられます。

また、クアラルンプールを始めとする大都市には、日本語対応可能の病院や歯科医もいくつかあるのです。

そのため、言語に自信のない方でも安心して、ロングステイや移住生活を送れるでしょう。

日本語対応可能なのは私立病院だけなので、あなたに合った医療保険に加入するようにしてください。

参考
International Living “Healthcare in Malaysia”

AIA ”6 THINGS YOU SHOULD KNOW ABOUT HEALTHCARE IN MALAYSIA”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です