グアムに移住したらやりたい15のこと

グアムに移住するのに必要な費用はいくら?

『グアムに移住したいけどいくらあればいいのかな?』

『グアムに移住するには何が必要か知りたい!』

グアムに移住を考えたとき、お金がいくらかかるのか、どのくらい費用が必要なのかを知りたい人は非常に多いです。

グアムは日本から一番近い南国リゾート地。

羽田からは飛行機で約3時間半ほどの距離です。

時差も1時間しかありませんが、アメリカの準州であるグアムと日本では、通貨も物価も違います。

生活スタイルによっても必要な費用は様々です。

グアムに移住するのに必要な費用といっても、費用は人によってそれぞれということ!

ずばり、グアムで必要な1ヶ月の生活費は、日本と変わりません。

グアムで生活すのに必要な費用は、観光するときに感じる物価の通りです。

グアムは島なので、輸送コストや輸入コストがかかり、物価は日本より少し高め。

生活してみるとグアムで必要な費用は、日本とそれほど変わらないことがわかります。

実際に、グアムで生活したときに必要な費用のモデルを挙げてみます。

ワンルーム一人暮らし1ヵ月の場合です。

グアムの通貨は、アメリカで使われているUSドル。

1ドルのレートは日々変化しています。

1ドルは、201912月現在のレートで108円として計算。

家賃600USドル(約65,000)

光熱費(水道・電気)150USドル(約16,000円)

携帯代90USドル(約9,800円)

インターネット代80USドル(約8,700円)

交通費80USドル(約8,700円)

食費300USドル(約32,500円)

合計1,300USドル(約141,300円)です。

人によって生活スタイルはさまざまですが、生活に必要なお金は日本とそんなに変わりません。

グアムでの1ヵ月の生活費は、およそ15万円ほどです。

家賃はルームシェアをするなどして、食費は朝市などで安い食材を買って自炊すると抑えることができます。

グアムは2ベット2バスルームの物件が多いので、ルームシェアにぴったりです。

家具家電付きの物件も多いので、自分のスタイルに合わせて探してみましょう。

グアムも日本と同じで、郊外に行くほど家賃は安くなっていきます。

グアムでは、同じアパートやマンションの同じ間取りの部屋でも、家賃が違うことがあります。

オーナーが違うと、家賃も部屋に備え付きの家具も違ってくるので、全てチェックするのがおすすめです!

1ヶ月の具体的な費用がわかると、ぼんやりと思い描いていたグアムへの移住が、具体的になってきたのではないでしょうか。

この記事では、グアムへ移住するときに必要なこと、グアムへ移住したらしたいことについて解説をしていきます。

それではまいります!

グアムに移住するのに必要なビザは?

『グアムに移住するにはビザが必要なのかな?』

『グアムに移住するのに必要なビザを知りたい!』

グアムに移住を考えたときに、ビザについて知りたい人は非常に多いです。

グアムはアメリカの準州なので、ビザはアメリカと同じシステム。

グアムには、さまざまな種類のビザがあります。

語学研修や留学などで移住する、留学ビザ。

現地で働きながら移住する、就労ビザなどさまざまです。

グアムに移住するのに必要なビザといっても、ビザは滞在目的によってそれぞれということ!

グアムに移住するのに必要なビザは大きく分けると4つです。

1.語学学校や大学へ語学留学する「学生ビザ」

2.インターンシップができる「交流訪問者ビザ」

3.現地で働きながら移住する「就労ビザ」

4.期限なしで永住できる「グリーンカード」

グアムに移住するのに必要なビザを知ることで、自分の目的にあったビザを選ぶことができます。

正しい選択=スムーズにグアムに移住できるということですよね。

ここではグアムに移住するのに必要なビザについて解説をしていきます。

それではまいります!

ESTA(電子渡航認証システム)とは

グアムはアメリカの準州です。

アメリカへ渡航するときはESTA(電子渡航認証システム)の取得が必要です。

グアムでは、観光目的で45日以内の滞在であればESTA(電子渡航認証システム)はいりません。

グアムは免除されているからです。

45日以上、90日以内でグアムに滞在するときには、ESTA(電子渡航認証システム)が必要です。

91日以上グアムに滞在するときは、正式な長期滞在ビザが必要になります!

語学留学するときに必要なビザは?

グアムに移住して、語学研修や留学をするときには「学生ビザ」が必要です。

グアムでは90日以内の短期留学にビザはいりません。

91日以上の滞在から正式な長期滞在ビザが必要です。

語学学校や、大学などの学校への語学留学が目的なら、「学生ビザ(F-1)」。

語学留学以外の専門技術が目的の留学なら、「職業訓練生ビザ(M-1)」が必要です。

目的によって必要なビザが違うので、入学先の学校に合わせて取得しましょう!

インターンシップをするときに必要なビザは?

グアムでインターンシップをするときには、「交流訪問者ビザ(J-1)」が必要です。

学生・新卒向けインターンシップの場合は、12カ月。

既卒向けトレーニングプログラムの場合は、18カ月が有効期間です。

学生が夏休みの期間限定のサマー・ワーク&トラベルもあります。

交流訪問者ビザは、就労ビザよりも取得が簡単なので、人気です。

交流訪問者ビザは、ワーキングホリデーと同じように、お給料を受け取りながら働くことができるビザ!

OJT(オン・ザ・ジョブトレーニング)をすることもできます。

仕事をするときに必要なビザは?

グアムに移住して、仕事をするきに必要なビザは「就労ビザ」です。

「就労ビザ」は、大きく分けて3種類あります。

1.一般的な会社員や、管理職なら「特殊技能職ビザ(H-1B)」

2.短期で働ける「貿易駐在員ビザ(E-1)、投資駐在員ビザ(E-2)」

3.多国籍企業の社内異動で使える「企業内転勤ビザ(L-1)」

「特殊技能職ビザ(H-1B)」は、一般的な就労ビザです。

管理職や、技術職などの仕事に就いている人が取得できます。

滞在期間は3年。

更新は1回、3年間延長できるので、最長で6年間滞在できるビザです。

「貿易駐在員ビザ(E-1)、投資駐在員ビザ(E-2)」は、グアムで駐在する人が取得できるビザです。

就職先の企業のサポートを受けて申請するのが一般的。

職種の制限はなく、滞在期間は2年間で、何度でも更新できます。

「企業内転勤ビザ(L-1)」は、多国籍企業の社内異動のときに取得するビザです。

今からグアムに就職するときには取得できませんが、すでに勤務しているなら取得できます。

最初の滞在期間は3年間で、更新は2年単位。

最長で7年間滞在できるビザです。

グアムに仕事をするのに必要な就労ビザには、様々な種類があります。

自分の仕事にあった就労ビザを選びましょう!

滞在期限のないグリーンカードって?

ビザでグアムに移住すると、滞在に期限があります。

滞在期限を延ばせるビザなら、期限を延ばす手続きを、その都度行うことになります。

滞在期限のない永住権が「グリーンカード」です。

取得方法は、大きく分けて次の5つ。

1.結婚などによって配偶者、家族ビザを得る

2.抽選で永住権を得る

3.アメリカに一定の金額を投資する

4.個人の才能や、特殊な技能などのスキルポイントで得る

5.駐在員などで働いたあと、スポンサーサポートで得る

「グリーンカード」を取得すると、滞在期限がなくなります。

グアムに移住して『ずっとグアムに住みたい!』ということであれば、「グリーンカード」を取りましょう!

グアムに移住したら仕事ってどうする?

『グアムに移住したら仕事ってどうするんだろう?』

『グアムの仕事が知りたい!』

グアムに移住したら仕事をどうするか気になる人は非常に多いのではないでしょうか。

ずばり、グアムで仕事を見つけることは簡単ではありません!

外国人が現地企業で仕事を見つけるのは大変です。

インターネットなどでもグアムの求人を探すことはできます。

求人は、就労ビザを取得しているという条件のところが多いので注意しましょう。

仕事をするために必要な就労ビザは、スポンサーである就職先の企業が決まらないと、申請できません。

まずは就職先を見つけましょう。

学生だと、まずグアムへ語学留学してから仕事を見つけるということもできます。

日本人がグアムでする仕事で多いのは、観光に関する仕事です。

日本から旅行にきた観光客向けのガイドや、コーディネーター、ホテルやレストラン。

海外ウェディングを挙げる日本人向けの、ウエディングプランナーなどです。

移住前にリサーチして仕事の準備をしておきましょう!

グアムに移住するメリット

『グアムに移住したらどんなメリットがあるんだろう?』

『グアムに移住するメリットが知りたい!』

グアムに移住したらどんなメリットがあるのか、気になる人は非常に多いです。

ずばり、グアムに移住するメリットは大きく分けて2つです。

1.日本から近い

2.南の島である

ここではグアムに移住するメリットについて解説をしていきます。

それではまいります!

日本から近い

グアムに移住するメリットは、日本から近いことです!

グアムに移住しても、日本に帰ることがあります。

日本へ帰る用があるときや、急用ができたときなど、日本と行き来する機会は多いものです。

日本とグアムは、飛行機で3時間半ほど。

一番フライト時間が長い新千歳空港からでも、4時間半でグアムに着きます。

ほとんどの主要都市から直行便が出ていて、アクセスが便利なのがグアムの魅力!

時差も1時間なので、日本との行き来が負担になりません。

南の島である

グアムに移住するメリットは、南の島であるということです!

年自由暖かくて南国のグアムは、日本では有名な観光リゾート地。

美しい海に囲まれた温暖な南の島で、毎日をゆったりと過ごせます。

グアム中心部の主要なホテルでは、グアム在住者向けの割引プログラムが用意されていることも!

美しい海でマリンスポーツを楽しむことも、グアムに移住する魅力の一つです。

グアムに移住するデメリット

『グアムに移住したらどんなデメリットがあるんだろう?』

『グアムに移住するデメリットが知りたい!』

グアムに移住したらどんなデメリットがあるのか、気になる人は非常に多いです。

ずばり、グアムに移住するデメリットは大きく分けて2つです。

1.物価が高い

2.台風やスコールがある

ここではグアムに移住するデメリットについて解説をしていきます。

それではまいります!

物価が高い

グアムに移住するデメリットは、物価が高いことです。

グアムは島なので、商品のほとんどを輸入に頼っていて、輸送コストがかかります。

アメリカの本土よりも2割ほど物価は高めです。

世界中にあるため、物価の目安として利用されるマクドナルドの価格も、日本より少し高めとなっています。

安いスーパーやグアムの市場などを利用して、工夫して生活しましょう!

台風やスコールがある

グアムに移住するデメリットは、台風やスコールがあることです。

グアムは年中温暖で気候のいいところですが、台風やスコールがあります。

グアムは、6月から10月が雨季で、11月から5月が乾季です。

雨季でも、スコールが多いので、1日中雨という日は少ないグアム。

外出先でスコールにあってずぶ濡れになることもあります。

台風シーズンは7月から10月。

近年台風は減ってきているので、それほど心配はいりません。

台風がくると、商品のほとんどを輸入に頼っているグアムでは、商品が品薄になることがあります。

台風やスコールの時期は、突然のスコールや台風による品切れに備えておくと安心です!

グアムに移住した日本人ってどれくらいいるの?現地の日本人との交流はどうする?

『グアムに移住した日本人ってどれくらいいるんだろう?』

『現地の日本人との交流はどうするか知りたい!』

グアムに移住した日本人はどれくらいいるのか、現地の日本人との交流はどうするのかが、気になる人は非常に多いです。

ずばり、グアムに移住した日本人は約4,400人です!

参考サイト ⇒ 外務省「海外在留邦人数調査統計」令和元年(2019)版(平成30101日現在)]

グアムに移住した約4,400人の日本人のうち、約2,800人は永住しています。

グアムに移住した日本人の半分以上は永住者ということ!

グアムに移住するのは、20代から30代が多くなっています。

駐在員としての移住も同じです。

グアムは島ですが、日本人学校があるので家族を連れて駐在するというケースも見られます。

グアムの日本人学校を運営しているのが「グアム日本人会」です。

グアム日本人会が主催する「日本の秋祭り」というイベントは、毎年3万人が集まる人気イベント。

現地の日本人との交流は、グアム日本人会が行うイベントや交流会など、様々なものがあります!

グアムに移住したらしたい15のこと

『グアムに移住したらなにができるのかな?』

『グアムに移住したらなにができるのかついて知りたい!』

憧れの南の島・グアムに移住したら、なにができるのか知りたい人は非常に多いです。

グアムに移住したら、たくさんしたいことがあります。

綺麗な海でゆっくりしたり、グアムでしか食べられない食事を味わったり、ショッピングをしたり。

グアムでしたいことはたくさんあります。

グアムに移住したらしたいことといっても、したいことは人それぞれ!

グアムに移住したらしたいことを、15のことにまとめました。

1.綺麗な海でゆっくりお昼寝

2.マイクロネシアモールでお得に洋服をゲット

3.ランチは友達とフードコートでワイワイ

4.休日はウォーターパークで満喫

5.生活用品はROSSで大量買い

6.グアムプレミアムアウトレットでバッグと靴を購入

7.夜にふらっと逆バンジーに挑戦

8.休日は恋人岬でデート

9.1人ランチはIHOPでシンプルパンケーキ

10.Kマートで食料を大量購入

11.チャモロ料理の食べれるお店で現地の人と触れ合う

12.タモンビーチのサンセットで思いにふける

13.ディナーは友達とハードロックカフェでステーキをシェア

14.記念日はアンダーザシーレストランでリッチなディナー

15.日本の友達が来た時にはサンドキャッスルのイリュージョンマジックショーを鑑賞

ここからは、グアムに移住したらしたい15のことについて解説をしていきます。

それではまいります!

1.綺麗な海でゆっくりお昼寝

南の島グアムに移住したら、綺麗な海でゆっくりお昼寝したいもの。

どこでゆっくりお昼寝ができるのか知りたい人は非常に多いです。

『綺麗な海でゆっくりお昼寝できる場所が知りたい!』

『本当におすすめの綺麗な海に行きたい!』

このようにどこのビーチへ行けばいいか迷ってしまう人も多いはず。

今回は、綺麗な海でゆっくりお昼寝できるおすすめスポットを2つ紹介します!

参考にしてください!

綺麗な海でゆっくりお昼寝できるおすすめスポットは、

ずばり、「イパオビーチ」と「リティディアンビーチ」の2つです。

「イパオビーチ」は、タモン湾の中でも綺麗なビーチです。

白い砂浜とマリンブルーで遠浅の穏やかな海は、ゆっくりお昼寝するのにぴったり!

綺麗な海でゆっくりお昼寝しましょう!

イパオビーチは、グアム中心部のタモン地区から赤いシャトルバスで行きます。

「イパオパーク/GVB前」バス停から歩いて5分程です。

シートなどを用意しておけば、そのままお昼寝することができます!

ヤシの木の大きな葉っぱの下は木蔭になっているので、パラソルなしでもOKです。

「リティディアンビーチ」は、グアムで最も美しいビーチです。

グアムの中心部であるタモン地区から、車で40分ほどで着きます。

グアム島の最北端にある美しいビーチでゆっくりお昼寝しましょう!

中心部から離れていて、遊泳禁止なので観光客が少なく、真っ白な砂浜とマリンブルーの海を独り占めできます。

砂浜には星の砂も!

リティディアンビーチは、8時から16時までなら自由に入ることができます。

最北端なので、海の向こうは空だけ!という景色を満喫しましょう。

2.マイクロネシアモールでお得に洋服をゲット

『洋服を買いたいけどどこで買えばいいのかわからない』

『洋服が売っているお店が知りたい!』

グアムで洋服を買いたいけどどこで買えばいいのか知りたい人は非常に多いです。

ずばり、洋服はマイクロネシアモールでお得ゲットするのがおすすめ!

マイクロネシアモールは、グアム最大級のショッピングモールです。

120のお店が集まっていて、なんでも揃います。

映画館や小さな遊園地まである広いショッピングモールです。

洋服をお得に買うなら、マイクロネシアモールにある「Macy’s(メイシーズ百貨店)」がおすすめ!

メイシーズは、ニューヨーク発の老舗百貨店で、レディス・メンズ・キッズ・ホームに分かれています。

百貨店という高いイメージがある人も非常に多いです。

メイシーズでは、ディスカウント価格で洋服が売っています。

品揃えも豊富で、ブランドの洋服もディスカウントされているのがポイント!

マイクロネシアモールで、お得に洋服をゲットしましょう!

マイクロネシアモールは、グアムの中心部のタモン地区からは少し離れていますが、

タモン地区のホテルとマイクロネシアモール間の無料送迎バスがあります。

他にも有料の赤いシャトルバスや、レアレアトロリーも運行。

タモン地区からはバスで、10分から15分くらいで到着します。

バスはどれも約20分間隔で運行しているので、アクセス抜群です。

3.ランチは友達とフードコートでワイワイ

マイクロネシアモールにはたくさんのお店があります。

ランチをしたいけどお店が多すぎる・・・。

『友だちとワイワイランチできるお店が知りたい!』

『美味しいランチができるお店に行きたい!』

友だちとランチするお店を知りたい人は非常に多いです。

ずばり、ランチはマイクロネシアモールのフードコートがおすすめ!

フードコートは、マイクロネシアモールの2階にあります。

「フィエスタフードコート」は、25以上のお店があり、750席もの座席がある広いフードコート。

日本でもおなじみのケンタッキーフライドチキンや、グアムの人気店などが揃っています。

日本食が恋しくなってきたときに嬉しい日本食のお店もあるので、チェックしてみましょう。

Kitchen Arigato(キッチン アリガトウ)」は、ラーメンなど日本料理のお店。

Ninja Kitchen(ニンジャ キッチン)はお寿司屋さんです。

フードコートには様々なジャンルの色んなメニューが楽しめます。

友だちと思い思いのランチをしながらワイワイしましょう!

4.休日はウォーターパークで満喫

グアムではウォーターパークが人気!

ウォーターパークとは、プールやスライダーなどがある施設のことです。

『人気のウォーターパークが知りたい!』

『ウォーターパークに行きたい!』

南の島・グアムに移住したらウォーターパークに行きたいもの。

グアムで人気のウォーターパークを知りたい人は非常に多いです。

今回は、グアムの大型ウォーターパークを3つ紹介します!

参考にしてください!

ずばり、グアムで人気の大型ウォーターパークは、

「ターザ」と「オンワードビーチリゾート」と「PIC(パシフィックアイランドクラブ)ウォーターパーク」の3つです。

「ターザ」は、グアムの中心部タモン地区の、グアムプラザホテルに隣接しているウォーターパーク。

アクセス抜群で事前予約も要りません。

グアムプラザホテル宿泊者以外も利用できます。

入場券があれば当日なら出入りも自由。

何度でも出入りできるので、プールで遊ぶ合間にショッピングを楽しめます。

「ターザ」は、絶叫系から子どもでも楽しめるものまで11種類のスライダーが魅力です!

流れるプールでゆったりと流れに身を任せる楽しみかたもできます。

「オンワードビーチリゾート」は、グアム最大級のウォーターパーク。

タモン中心部から少し離れたタムニンにある、オンワードビーチリゾートのホテルに併設されています。

予約すると無料で送迎してくれるので便利です。

「オンワードビーチリゾート」の魅力は、日本未上陸のスライダー・マンタ!

グアムで最もスリルあるスライダーといわれるマンタ。

Uの形をしているマンタは、最大12mの高さから落下する絶叫系スライダーです。

マンタは身長制限があり、122cm以上から楽しめます。

他にもウォータースライダーが4種類。

流れるプールやキッズプールもあるので、大人から子供までファミリーで楽しめます!

PIC(パシフィックアイランドクラブ)ウォーターパーク」は、タモン地区のPICホテルに併設されているウォーターパーク。

プールだけでなく、陸で遊べるアクティビティなど70種類以上遊べるのが魅力!

PICホテル宿泊者は無料で利用できますが、宿泊者以外も1日会員になると利用できます。

20種類以上の本物の魚と一緒に泳げる予約制の、泳げる水族館が特徴的です。

パターゴルフやトランポリンなど陸で楽しめるレジャー施設も充実!

プールのアクティビティだけでなく、植物に囲まれたプールでカヤック体験もできます。

グアムに移住したら、自分に合ったウォーターパークで思いっきり楽しみましょう!

5.生活用品はROSSで大量買い

『生活用品を買いたいけどどこで買えばいいのかわからない』

『生活用品が売っているお店が知りたい!』

グアムで生活用品を買いたいけどどこで買えばいいのか知りたい人は非常に多いです。

ずばり、生活用品はROSSで大量買いしましょう!

ROSSとは、「Ross Dress for Less(ロス ドレス フォー レス)」のこと。

アメリカで300店舗以上展開しているディスカウントショップのことです。

グアムにはROSS2店舗あります。

ROSSがあるのは、「グアムプレミアアウトレット」と「マイクロネシアモール」の2か所です。

マイクロネシアモール内の店舗は、2017年にオープンしました。

ROSSは生活用品のほかにも、洋服や家具、食料品など品ぞろえが豊富!

ディスカウント価格で販売されているので、お得にショッピングができて人気です。

日本語は通じないので、簡単な英語を勉強していきましょう。

ROSSでは、かなりお得な価格で生活用品を買うことができます。

生活用品をROSSで大量買いして、グアムの移住生活を彩りましょう!

6.グアムプレミアムアウトレットでバッグと靴を購入

『バッグと靴を買いたいけどどこで買えばいいのかな?』

『バッグと靴がお得に買えるお店が知りたい!』

バッグと靴を買いたいけどどこで買えばいいのか知りたい人は非常に多いです。

ずばり、バッグと靴はグアムプレミアムアウトレットで購入しましょう!

Guam Premier Outlets(グアムプレミアアウトレット)」は、

グアムのタムニン地区にあるグアムで唯一のアウトレットモールです。

頭文字を取って「GPO」と省略して呼ばれることも多くあります。

商品が30%から80%オフにディスカウントされていることも!

お得にバッグと靴を購入するならグアムプレミアムアウトレットがおすすめです。

グアムプレミアムアウトレットへは、タモン地区から、無料シャトルバスと赤いシャトルバスが運行しています。

バス停はわかりやすい場所にあるので安心です。

無料シャトルバスは、タモンサンズプラザ前から乗車。

赤いシャトルバスは、ホテルロードから10分間隔で運行しています。

タモン地区からのアクセスは抜群です!

グアムプレミアムアウトレットでバッグと靴をお得に購入しましょう!

7.夜にふらっと逆バンジーに挑戦

南の島・グアムでは、夜にふらっと逆バンジーに挑戦できます。

『絶叫マシンに乗りたいな』と思ったら、すぐに行ける場所。

遊園地ではなく、メインストリートに逆バンジーはあります。

ふらっと逆バンジーに挑戦できるのは、グアム中心部のタモイ地区にある「スリングショット(SLINGSHOT)」です!

スクリングショットは、地上から丸いシートに乗って、時速160キロで70メートル上空に舞い上がる絶叫系アトラクション。

地上からスタートし、空中へ投げ出されるので「逆バンジー」と呼ばれています。

125USドル(約2,700円)ですが、2人乗りしか受け付けていません。

2人で50USドル(約5,400円)です。

営業時間は、12時から深夜0時まで。

夜はグアムの夜景が綺麗に見えるのでおすすめです!

8.休日は恋人岬でデート

『グアムに移住したら、休日はなにをしよう』と迷っている人は非常に多いです。

休日は恋人岬でデートして楽しみましょう!

恋人岬は、グアムの国旗に描かれているほど、グアムを代表する場所。

タモン湾の北端、海抜123mの断崖の上に展望台と教会があります。

カフェなども併設されているグアムの定番観光スポット!

マリンブルーの海が広がるタモン湾を一望できる恋人岬は、デートにぴったりです。

恋人岬は、英語で「Two Lovers Point(トゥー・ラバーズ・ポイント)」、

チャモロ語で「Puntan Dos Amantes(プンタン・ドス・アマンテス)」です。

恋人岬にはその名の通り、結ばれない運命のチャモロ人の若い男女が永遠の愛を誓いあって命を落としたという伝説があります。

二人は、決して離れないように髪を結びあっていたということから、

恋人岬は「デートで訪れると二人は結ばれる」と噂のスポット。

二人の名前をハート型の南京錠「ハートロックキー」に書いて、

ハートロックウォールとよばれるフェンスにロックすると二人は結ばれるといわれています。

ハートロックキーはギフトショップで購入できるので、試してみましょう!

カラフルなハート型のカギが可愛いハートロックウォールは、インスタスポットとしても人気です。

恋人岬はグアムの中心部であるタモン地区から4キロほど。

車で10分ほどの距離ですが、T−ギャラリアの前にある「TギャラリアbyDFS」バス停から赤いシャトルバスで約10分です。

マイクロネシアモールからも乗ることができます

恋人岬へは、「恋人岬シャトル・チケット」がおすすめ!

恋人岬シャトル・チケットは、恋人岬まで往復のバス乗車券と、恋人岬の展望台入場料のセットです。

通常料金は11USドル(約1,200円)のところ、10USドル(約1,100円)になるお得なチケットとなっています。

チケットは、バス乗り場で購入できます!

9.1人ランチはIHOPでシンプルパンケーキ

グアムに移住したら1人でランチすることがあります。

1人でランチが食べられるお店が知りたい!』

『本当におすすめのお店に行きたい!』

このようにお店選びに迷ってしまう人も多いはず。

ずばり、1人でランチが食べられるおすすめのお店は「IHOP(アイホップ)」です!

IHOPは、アメリカカリフォルニア州発祥のレストラン!

朝食のイメージがありますが、ランチも美味しく、1人でも入れるお店です。

甘いお菓子のパンケーキから、食事のパンケーキまで様々な種類が揃っています。

メニューは全て英語です。

会計のときに10%のSVC(サービスチャージ)が加算されるので、チップは不要。

IHOPでは、テーブルの上に4種類のソースが置いてあります。

ストロベリー・バターピーカン・ブルーベリー・オールドファッションの4種類。

好きなソースをどれだけかけてもOK

IHOPには、様々な種類のフレバーパンケーキがあります。

シンプルにパンケーキの味を楽しむなら「オリジナルバターミルクパンケーキ」がおすすめ!

パンケーキは、4枚重ねが基本のスタイルで、ボリューミーです。

何種類かのパンケーキはハーフサイズを意味する「2-stack」が選べます。

2-stack」は、パンケーキ2枚重ねなので、食べきれないときは「2-stack」を選びましょう。

パンケーキの値段は10USドル(約1,100円)前後です。

グアムのIHOP2店舗。

「グアムプレミアアウトレット」にあるタムニング店と、「ザ・プラザショッピングセンター」にあるタモン店です。

「グアムプレミアアウトレット」は、グアムのタムニン地区にあり、

グアム中心部であるタモン地区からはバスが運行しています。

タモン店のある「ザ・プラザショッピングセンター」は、

タモン地区で最も賑わうプレジャーアイランドの中心にあります。

どちらの店舗もアクセス抜群の好立地です。

グアムに移住したら、1人ランチはIHOPでシンプルパンケーキを楽しみましょう!

10.Kマートで食料を大量購入

『食料を買いたいけどどこで買えばいいのかわからない』

『本当におすすめのお店が知りたい!』

グアムで食料を買いたいけどどこで買えばいいのか知りたい人は非常に多いです。

ずばり、食料はKマートで大量購入しましょう!

Kマートは24時間営業のスーパーマーケットです。

Kマートは物価が高めのグアムのなかでも安くて人気!

缶詰やお菓子、飲み物などの食料が大量に売っています。

Kマートは、食料を大量購入するのにぴったりです!

日本人観光客もチョコレートなどのお土産を買いに立ち寄る人気スーパーマーケット。

雑貨や小物もたくさん売っています。

グアム中心部のタモン地区から赤いシャトルバスやタクシーでアクセス抜群。

広い駐車場があるので、車で行っても便利です。

グアムに移住したら、食料はKマートで大量購入しましょう!

11.チャモロ料理の食べれるお店で現地の人と触れ合う

グアムのローカルフードといえばチャモロ料理です。

スペイン・アメリカ・日本などの東南アジアから影響を受けています。

主食はお米なので、日本人が馴染みやすい食事です!

グアムにたくさんあるチャモロ料理のお店。

本場だけあってお店が多すぎる・・・。

『美味しいチャモロ料理が食べられるお店が知りたい!』

『本当におすすめのお店に行きたい!』

このようにお店選びに迷ってしまう人も多いはず。

今回は、おいしいチャモロ料理が食べられるおすすめのお店を紹介します!

参考にしてください!

ずばり、チャモロ料理の食べれるおすすめのお店は2つ。

「チャモロ亭」と、「プロア」です。

「チャモロ亭」は名前の通り、チャモロ料理が食べれるお店。

グアムの中心部、タモン地区のプレジャーアイランドのホテル

「オーシャンビューホテル&レジデンス」の1階にあるので、アクセスも抜群です。

古くから受け継がれている伝統的な味を楽しめます。

なかでもエビのココナッツミルク煮が人気!

「プロア」は、グアム屈指の有名店です。

有名レストランで修行を積んだシェフの絶品料理が、現地の人にも人気!

一番人気は、ヒバチスタイルBBQトリオ(Hibachi style BBQ Trio)ですが、チャモロ料理も楽しめます。

チャモロ料理はもちろん、フレンチもチャモロスタイルです!

朝の11時から夜の10時まで営業していて、チップは不要。

テイクアウトもしています。

グアムに移住したら、チャモロ料理の食べれるお店で現地の人と触れ合いましょう!

12.タモンビーチのサンセットで思いにふける

南の島グアムに移住したら、海に沈む美しいサンセットが見たいものです。

『綺麗なサンセットが見られる場所が知りたい!』 と思う人は非常に多いです。

ずばり、グアムで綺麗なサンセットを見るなら「タモンビーチ」がおすすめ!

「タモンビーチ」は、グアムを代表するビーチです。

グアムの中心部であるタモン地区のホテルや、ショッピングモールから歩いていくことができます。

ホテルのオーシャンビューの部屋から見えるビーチがタモンビーチです。

グアムといえばタモンビーチというほど有名な綺麗な海。

タモンビーチのサンセットはお散歩をしながら見られるほど身近なもの!

グアムは海に囲まれた島なので、水平線に沈む夕日が綺麗に見えます。

サンセットは季節にもよりますが、だいたい夕方6時前後です。

グアムに移住したら、タモンビーチのサンセットで思いにふけりましょう!

13.ディナーは友達とハードロックカフェでステーキをシェア

グアムに移住したら友達とディナーしたいもの。

『友達とディナーできるお店が知りたい!』

『本当におすすめのお店に行きたい!』

このようにお店選びに迷ってしまう人も多いはず。

ずばり、友達とディナーには「ハードロックカフェ」でステーキがおすすめ!

Hard Rock Cafe Guam(ハードロックカフェ グアム)は、

グアム中心部のタモン地区の「アウトリガーホテル」と「ザ・プラザショッピングセンター」に隣接しています。

ハードロックカフェのグッズ売り場も併設されています。

ハードロックカフェのTシャツを着て入店すれば、気分が盛り上がること間違いなし!

メニューは日本語表記があるので安心です。

ステージがあり、生演奏で歌と踊りが楽しめます。

ハードロックカフェは、アメリカを感じられる楽しい雰囲気のレストランです。

生演奏のステージショーは時間が決まっています。

グラス付きのメニューを頼んだときは、帰りに引き換えるのを忘れないようにしましょう!

ステーキ、ハンバーガーやオニオンリング、デザートなど全てボリューム満点でディナーにぴったりです。

会計のときに15%のSVC(サービスチャージ)が加算されるので、チップは不要。

ディナーは友達とハードロックカフェでステーキをシェアしましょう!

14.記念日はアンダーザシーレストランでリッチなディナー

特別な記念日は大切なものです。

『記念日にぴったりのリッチなお店が知りたい!』

『本当におすすめのお店に行きたい!』

このようにお店選びに迷ってしまう人も多いはず。

ずばり、記念日は「アンダーザシーレストラン」でリッチなディナーがおすすめ!

タモン地区にあるショッピングセンター「ザ・プラザ」の中にある、

グアム唯一の水族館「UnderWater World(アンダーウォーターワールド)」。

全長100メートルのトンネル型水槽には2,000匹以上の海洋生物が楽しめます。

アンダーウォーターワールド閉館後に、

トンネル型水槽のエリアが「Dinner Under the Sea(ディナーアンダーザシー)」になります!

海洋生物が泳ぐトンネルの中でのディナーはムード満点!

まるで海の中で食事をしているような特別な気分になって記念日にぴったりです!

「ディナーアンダーザシー」は完全予約制で、コースメニューのみ。

12才以上は大人料金で99USドル(約10,000円)、子供は25USドル(約2,700円)で3才から11才までです。

記念日はアンダーザシーレストランでリッチなディナーを楽しみましょう!

15.日本の友達が来た時にはサンドキャッスルのイリュージョンマジックショーを鑑賞

日本の友達がグアムに来た時には、楽しい思い出を作りたいものです。

『日本の友達を案内するお店が知りたい!』

『本当におすすめのお店に行きたい!』

このようにお店選びに迷ってしまう人も多いはず。

ずばり、日本の友達が来た時には「サンドキャッスル」のイリュージョンマジックショーがおすすめ!

Sand Castle(サンドキャッスル)」は、

グアムの中心部、タモン地区のプレジャーアイランドにあります。

ハイアットリージェンシーグアムとデュシタニグアムリゾートのちょうど間です。

1990年に40億円を投入し完成した豪華な施設で、グアムNo.1のベストマジックショーが楽しめます!

観客席は500席で、マジックショーは12回、19時開場と21時開場です。

ショーは、ラスベガススタイルのマジックとイリュージョンのショー。

シルク・ド・ソレイユのクリエイターが手掛けたワールドクラスのパフォーマンスがグアムで堪能できます!

タイガーも登場するショーは迫力満点!

グアムの夜の思い出になること間違いなしです。

料金は座席によって変わります。

前方のショーが間近で見られる席がVIP席です。

プランは、ディナー付きのショーと、ショーのみの2パターンから選べます。

ショーのみカジュアル「観ショー」プランは大人65USドル(約7,000円)、子供20USドル(約2,000円)、2歳未満無料。

デラックスディナープランは大人165USドル(約18,000円)、子供50USドル(約5,400円)、2歳未満無料。

大人は12歳以上から、子供は2歳から11歳です。

日本の友達が来た時には、サンドキャッスルのイリュージョンマジックショーを鑑賞して、グアムの夜の思い出を作りましょう!

まとめ

この記事では、グアムへ移住するときに必要なこと、グアムへ移住したらしたい15のことについて解説しました。

移住するときはビザを忘れずに取得しましょう!

憧れの南の島・グアムへ移住したら、美しいコバルトブルーの海が待っています。

スケールの大きいショッピングモールでの楽しいショッピングや、エキサイティングなショーなど、グアムでの生活を満喫しましょう!

グアムへ移住して、楽しい生活を送れますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です